March 29, 2007

終わり・・・




 いよいよ 明日で終わりそうです・・・












確定申告!  









えぇ 3月15日までなのですが・・・夏油に誘われたり、夏油に誘われたり・・・南郷に行ったり
結婚式の2次会の幹事だったり、来期のオーダーだったり・・・言い訳 大魔王なのですが・・・


それも 明日で終り!(二日で出来るならとっととヤレや!って感じです)





まぁ 何はともあれ、肩の荷がおりて、いよいよ種まき開始っす!



March 27, 2007

眩しい光に包まれて・・・さくら編から未来へと・・・

 スノーボードのお客さんとしてちょくちょく店に来るようになった4人組の中の一人が吉田 美和だった


いつの頃かその子は“あたしの名前はさくらだから!”と宣言してから彼女はみんなにさくらと呼ばれるようになった・・・
(別に水商売で使う源氏名でもなんでも無い)













 血液型は関係ないと言われるが、AB型特有の不思議な雰囲気と気だるい喋り方・・・
そして何より頭の回転が速さが彼女の持ち味で何となく彼女に魅かれる男も多かったんじゃないだろうか?


整骨院で働きながらスノーボードを楽しんでて、冬の期間は整骨院の院長先生も彼女がゲレンデに行けるようなタイムスケジュールで仕事を組んでくれていたので、働きながらもスノーボードはガンガン行っていた・・・

“ちょっと 大会出てくっから!” と男前な感じも彼女の魅力の一つで、当時 優勝は無かったかもしれないが、周りの女の子がストレートで飛ぶところをB1で回したり、誰よりもぶっ飛ぶ姿勢は、記録より記憶に・・・という 俺の大好きなタイプで、店のライダーの一人に自然と加わっていた・・・



 


 今まで大小様々なイベントをやってきたがそれを影で支えてくれていたのがサクラだった・・・
いままで本当にありがとう・・・



















そんな サクラが3月24日の自分の誕生日に真っ白いドレスに身を包みサクラのオヤジさんに手を引かれヴァージンロードを歩いていた・・・















その道の先にサクラを待っていたのは阿相 直樹だった・・・















自然と目から涙が零れ落ちてきた・・・

深い付き合いと言うほどじゃ無かったが、二人の別々ドラマのストーリーを見てきて、これからは二人一緒のドラマストーリーになる瞬間を目の当たりにしたら自然と涙が零れてた・・・










もう表彰台の上に居る二人を見ることは無いだろう・・・




眩しい光に包まれた二人にはいつまでも仲良く幸せになって欲しいとおもう・・・
















いままで本当にありがとう・・・そして おめでとう・・・



March 26, 2007

眩しい光に包まれて・・・阿相編

もう7年か8年の月日が経つのだろうか・・・

その当時自分が働いていた店にEASYMARKというスケートチームを作っていた3人組が“俺達をライダーにして下さい!”と尋ねてきた・・・出来て間もない店で手探り状態でやっていて、ライダーの基準も曖昧だったが、よほどの自信が無い限りそんな道場破りのような事を言ってくる奴など居ないし、その意気込みが気に入り、3人で年間6本の話で店のライダーになる事が決まった・・・

それ以上を望むなら自分らの結果次第という話だったような気がする・・・


岩城 大介、阿相 直樹、盒供〇福ΑΑΔ修ΑΑΑθ爐蕕19や20歳の頃だったと思う・・・

 当時彼らはAJSAやローカルな大会に出まくっていた・・・
成績は予選落ちと予選通過ラインを行ったりきたりしていて、中でも岩城大介のキレ具合は他の二人よりアタマ一つ抜けていた・・・


それから時は流れ、岩城大介は映像の世界での表現にのめり込んで行き、高橋 司は仕事とSKATEの両立が難しくなり“自分達の分は阿相にお願いします・・・”という申し出を期に大会から姿を消していった・・・

EASYMARKは人数をふやしながら阿相が先頭になって引張って行くようになり、阿相はローカルの大会でいくつもの優勝を重ねて行くようになっていった・・・

 

 ある日“大会やるのでもし誰かいたらお願いします”という連絡が有り阿相はその大会に出場し見事優勝をもぎ取った事があった・・・記憶は定かじゃないが、その大会は“スケートシーンを盛上げたいので・・・”という話だったので、俺はみんなに声をかけた気がする・・・

しかしながら、その大会はそんなシーンを盛上げる為の大会では無く・・・

後で解った事だがその店のライダー選考会のようなものだった・・・

当時の阿相のサポートも板は多少サポートしていたが殆んどが割り引きという形だった・・・



 スケートなんて一度コンプリート作っちゃえば長く使えると思ってる人が多いかもしれないが、デッキは月1本、シューズも2・3ヶ月に一足、ウィールも3ヶ月程でダメになり交換が必要となる・・・金がかからなそうに見えて、ハマッてる人は結構金がかかるのだ・・・

 

 阿相に引き抜きの話があがったのは、その大会が終わってから少し経ってからだった・・・

条件は“フルサポート” モノで釣るなんて、汚ねぇ大人の誘惑に阿相の気持ちも大きく揺らいだ・・・

そりゃそうだ、全てサポートなんて、阿相じゃなくても金の無い若者に取ってすげぇオイシイ条件なのだ・・・



 引き抜きで移籍の話は、阿相本人からではなく周りのスケーターから噂話で俺の耳に入ってきた・・・

正直“あのクソオヤジ ダッセーやり方で引き抜きなんて ざけんな ボケ!”

と 当時 その人に対して凄い憤りを感じたのを覚えている・・・




 ある日、阿相から相談があるので時間を作って欲しいと言われた・・・



その相談というのは案の定、移籍の話だった・・・



その当時、俺個人で店を動かしていた訳ではないので、みんなでその件について話し合った・・・

店側の結論は現状維持・・・他がどうだろうが、ウチが出せる条件は今と同じという事になった。

俺の個人的な意見もそれと同じで、俺はその事を阿相に告げた・・・

駆け引きするつもりも無かったし、モノで動くなら所詮それまでで、今までの付き合いもそんなモンだったんだと思う。




 

 その後、阿相はウチの店の看板を背負って、そこの大会を4連覇した・・・

予選を通るかどうかだった男がいつのまにか東北チャンプになり、東北では有名人になって行った・・・





 

 

 



2004年の春・・・ある事柄を切っ掛けに俺は独立して今の店を開き、阿相はそのまま付いてきた・・・

ある時は店のスタッフ、ある時はフリーターでパン工場、ある時はスケート教室の先生で、ある時はEASYMARKのデザイナーとして、マルチな顔を持っていた・・・


阿相はプロになるのが目標だった・・・プロといってもそれで飯が食えると言う訳では無くAJSAという協会が認定したプロ制度の事で、ポイントサーキットの上位者に与えられる資格だ・・・

それがあったから どうこうじゃ無く、今までやってきた事に対する証が欲しかったんだと思う・・・

皮肉な事にそこを狙えるポジションにたどり着きそうになったときに、そのプロ制度は無くなった・・・














 

 そんな阿相がサクラと会話を交わすようになったのはオザワ商店が切っ掛けだった・・・



March 25, 2007

眩しい光に包まれて・・・









最高に幸せな笑顔と祝福の中で・・・

阿相 直樹と吉田美和が眩しい光に包まれていました・・・

March 22, 2007

ちょい悪オヤジの試乗レポ

えー 貸し出し中のヨネのパウダーボードのレポが届いたので御紹介いたしましょう・・・

ま 俺のようなヘッポコの感想より板に乗れてる人の話しの方が説得力あるしね・・・

F1マシンもF1ドライバーが運転してこそ性能を引き出せるわけで・・・




つーことで、スミカワローカルのチョイ悪オヤジ“のぶさん”の試乗レポです・・・

最初に来たメールには“取りあえず買います!”という なんとも江戸前チックで男前な内容!






つか 試乗してもらって即買いって・・・みんな もっと乗って!!!w




では↓のぶさんレポをどうぞ!!!

>ヨネックス「LIVE FOR THIS」


>先週金曜日にオザワさんから借りて週末乗って来ました。

>早速金ナイ、センメリナイターからコンディションはアイシー

>滑り始め、あれ、コントロールしずらいかな?と思うも数ターンして見れば、エッジの噛み付きにまず驚く。

>まぁ新品の板だからあたりまえの話ですがね・・・

>んでも、どーしてもフロントサイドが踏みにくい!

>何でか考えたらセットバック最強状態だったので、まずセッティング変更。

>インサートホールを一番前にして見ました。


>これでもセットバック入ってますね。

>このセッティングはアイシーに丁度良いかな?

>サイドカーブのほぼ中心なのでカービング楽しい〜


>エッジホールド抜群なのでロングターン気持ちいい〜の一言!


こりゃいいわ


>土曜日、スミカワ朝一アトミへ・・・コンディション新雪圧雪

>うーん、やっぱロングターン気持ちヨス!  ショートは慣れが必要だな!

>全体的に太めの板だしね。

>さて、メインのアトミ坂。 軽い脛パウ。   パウダーになると板の性格また違う!

>良く回る

>抱え込み抜重できれば思いどーリにコントロールできるし板の形状からも加速したいときに前足加重で行けますよ!

>ノーズ刺さりません!


>ダウンザライン攻めて行けますよ!   かなり!

>ずーとテールに乗ってなくていいんですから!


>キッカーも入りましたよ。  米板ですから、オーリーの反発OK!




>酔ってきたので、ここらで結論・・・









買います!









>オールラウンドで活躍する板です! パウダーだけではもったいない!







感じ方は人それぞれなので一概に最高!とは言えないですが・・・

>加速したいときに前足加重で行けますよ!

↑コレは俺も感じましたね(加速に俺が付いていけなかったけどw)

セッティング一つで性格が変わり、雪質でも性格が変わる・・・けして ジャジャ馬ではなく・・・

性格を把握して乗りこなす面白さがそこにあるのかもしれない・・・

軽さは、魚やマロロンより軽く、とにかく楽!

まだまだ 場所によってはパウダー喰えるし・・・試したい人はお気軽にどうぞ!!!